施工方法

特許取得の熱源120℃の加熱機でダニを弱らせると共に乾燥させます

加熱をする理由

熱で布団の繊維をほぐし、奥深くに入り込んだハウスダストを除去しやすくします。
洗っても死なないダニは唯一熱に弱く、50度以上の熱で死滅させます。



ダニは元気な時はハサミのようになった足で繊維をしっかりとつかんで、掃除機だけでは吸い取られないようにしています。それを熱を加えることによって活動を弱らせ、掃除機で吸い取れるようにするのが加熱の理由の一つです。

施工中の寝具

加熱をする理由

熱で布団の繊維をほぐし、奥深くに入り込んだハウスダストを除去しやすくします。
洗っても死なないダニは唯一熱に弱く、50度以上の熱で死滅させます。



ダニは元気な時はハサミのようになった足で繊維をしっかりとつかんで、掃除機だけでは吸い取られないようにしています。それを熱を加えることによって活動を弱らせ、掃除機で吸い取れるようにするのが加熱の理由の一つです。

施工中の寝具

超振動吸引でハウスダストを除去

超振動吸引でハウスダストを除去

寝具からハウスダストを吸い取る 集塵力のすぐれた機材 比較

加熱により弱ったダニは、繊維にしがみつくことができないので超振動吸引の掃除機(ドイツ フォアベルク社)で振動を与えながらハウスダストとともに吸い出します。
繊維もほぐれているので、隙間に入り込んだハウスダストを十分に除去することができます。

取れたハウスダストをその場で確認 納得できる

取れたハウスダストを その場で確認することができます。
寝具ケアは目に見えるものではないので 実感がわきにくかったと思いますが、いざ大量のハウスダストが取れているのを目の当たりにすると、この中で何時間も呼吸をしていたのかとゾッとするでしょう。

施工によって取れたハウスダスト

作業時間が早い


敷き布団・掛け布団の2枚セットで5分ほど、セミダブル(1200ミリ幅)までのベッド1台(掛け布団・ベッドパッド・ベッドマットレス)で8分ほどで作業が終了します。予備の寝具を用意することもなく、その場で作業が終了し、その日すぐにお客様にご利用いただけます。

ふっくらとして布団本来の機能を取り戻します

施工によって弾力を取り戻した寝具

エアウィーヴ等の高反発、ウレタンの低反発マットレスにも対応


真央ちゃんで一躍有名になったエアウィーヴ。導入している旅館・ホテル様も多いと思います。素晴らしい寝具ですね。エアウィーヴさんは 洗える とおっしゃっています。でも旅館・ホテル様の場合、実際問題として洗って干すことができるのでしょうか?クリーンライブはこのエアウィーヴにも対応できます。

↑実際に、3ヶ月に1回施工しているシングルサイズエアウィーヴ2枚分から取れたハウスダスト

YouTube 作業手順

ベッドマットレスから取れた生きたダニの動画